« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

おわり

おわり
『産まれた理由』
無事に閉幕いたしました。

たくさんの方々にお世話になり、たくさんの時間を費やした公演でした。

正直なところ、大変苦しみました。
どういう風に舞台に立っていたのか、どういう風に演じていたのか、分からなくなってしまって、そこに出ていくのが怖くて怖くてたまらなかった……のです。
自分自身に対して、「やれる」という自信がまったく持てず、不安で不安でたまらないまま毎日が過ぎ、本当にギリギリの綱渡りな状態で本番に臨んでおりました。

日々いただくご感想や、励まし、たくさんの「感動しました」「素敵でした」の言葉は、もちろん嬉しかったのですが、なかなかそれが自信にはならず、いつもとは違う精神状態のまま開演時間が迫ってきて、どうしたらいいのかもよく分からず、ただ緊張感と戦っていました。

ゲネプロ(最終舞台稽古)でも台詞が真っ白になり、それも脳のどの部分を探っても出てこないくらい真っ白で、普通だったら作文してでもつなげることが出来るのに、それすらも出来ないくらい真っ白で、自分でもびっくりしました。

台詞は完全に入っているのに、舞台に出ていくと真っ白になる……とは、どんな精神状態から来てるのか、対処法は何だろうか、とずっと考えていたのですが……病気じゃないかしら?なんて思ったり……。

周りの人達はそれほど心配していないようで、私の訴えはたぶん誰にも届かないし、誰かに何とかしてもらえるものでもない。自分でどうにかするしかない。だけどどうにもならない。表面上はいたっていつも通りの私でしたが、中ではものすごく苦しい戦いがずっと行われていました。

でも、自分でも不思議なのですが、それでも私はやれました。
何をどうしてやれていたのかわからないけど、毎回、やれていた……のです。
友人が言ってくれた「地力」、だったのかな。ずっと続けてきた気迫、経験、自負、感謝、色んなものが私の「地力」になっているのかな。もう反射的なもの……があるのかも。

私はものすごく俳優として苦しみましたが、絶対に守り抜いたことは、どんなにぐちゃぐちゃでも逃げないということだけでした。台詞を間違えないことに集中すればかなり楽になる事は分かっていたけど、それは絶対にすまいと思ってました。取材させていただいた方々から感じたいろいろな思い……は、決してなくなりませんでした。

うーんと……
何だかうまく言えないので、もう少し整理してまた続きを書きますね。

とにかく、大きなものが終わりました。
大きな大きなものでした。

私は13の取材をして、その中で舞台で演じられたのは3人だけでした。初日の朝にカットになってしまったものもありました。
取材にご協力いただいた皆様、それぞれの思いを作品にのせられなかったのは非常に悔しくもありましたが、私の中ですべての思いがあったからこそやれたのだと思ってます。
ありがとうございました。

見て下さった皆様、様々なご意見いただきました。真摯に受け止めて今後につなげたいと思います。
ありがとうございました。

お手伝い下さった皆様、スタッフの皆様、苦労ばかりのところを救って下さって本当にありがとうございました。

共演者の皆様、同じ苦労をして、同じ思いを抱えて、でもそれぞれの考え方、感じ方、演じ方、そうやってこの作品を作ることが出来てよかったです。
ありがとうございました。

こちらからチケットお申し込みいただいた皆様、苦労ブログみたいになってましたが(笑)ご観劇、応援、ありがとうございました。
今後も応援していただけたら嬉しいです。

そしてお父さん、お母さん、
ありがとう。
私を産んでくれたことに感謝です。育ててくれたことに感謝です。
作品を通して、私が今いることがどれだけすごいことなのかが少し分かりました。
今度ゆっくり私の誕生の話を聞かせてもらいたし!

あらら、すげぇ長くなっちゃった。

とりあえず「おわり」です。

そしてこれからまだまだ「つづく」です。

合掌。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ちから

5日目、昼夜2回、いよいよヘトヘトになってきたよぉ。

見にきてくれた友人や関係者の方、共演者たちと終演後には軽く一杯。

思ってもみなかったご意見やご感想、実は私も……とか、うちの子を産むときは……なんて体験談、こっちにも取材したかった!なんて思ったり。

力、もらってます。

なんか……すごいなぁ。ひとつの作品をやることで色んな発見がある。
すげぇ。

と噛み締めつつ、本日も2回、
行ってきまする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

つうか

折り返し地点、通過。
スタートしちまえば何とも早いです。
ただ前へ前へと進む前半戦、が過ぎ去り。
ちょうど中盤の今、色んなことを改めて考えたり感じたり……走り抜ける意味とか。自分、とか。まわりの景色を見る余裕も少しずつ。ようやく気付くこともあったり。
後半戦は疲れてペースや気力が落ちないように、うまくコントロールせねば。

そんなこんなの折り返し地点。

今日も2回、行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ひろう

3日目、
昼と夜の2ステージ。

今作は激しい動きもなく、基本的に座ってるんだけどもさ、何故かとても疲れます。

まぁ着替えだのなんので裏は休む暇なしだけども、それにしても何でこんなに疲れるの?

ドキュメンタリーシアター恐るべし。誰かの人生と思いと言葉を伝えるというのは想像以上にエネルギーがいるのね。
それがないとホントにつまらないものになってしまう。

栄養ドリンクぶちこみながら、なんとか2回、終えることができました(笑)。

まだ残席ございます。
見届けにいらしてくだされ。

本日折り返し。行って参りますっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

まもの

2日目。
魔物がおらしました。

色んなところで色んな人が色んなことになっとらしました。

魔物は「油断」が大好物です。

撃退法は「強いココロ」です。

合掌。

3日目、行って参ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

あいた……

初日。
開いた……。
どうなることかと思った……。
ダメだと思った……。
でも、開いた。

ありがとうございました。

2日目、行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ネーム

ネーム
今回ワタクシ5役やりまする。

衣装も5種類ありまする。

もちろん他の俳優陣も同様、キャスト13名、の衣装点数もハンパない。
衣装ラックはびっしり埋まり、衣装さんがネームを付けてくれてます(笑)。

可愛いカードに緑色のネーム。

そういうイメージですかね、ワタクシ。

他の人のネームと見比べ笑ったり憤慨したり納得したり。

舞台の裏側には(衣装だけじゃなくてね)、こんな小さなことだけど突っ込みどころ満載のことがちょいちょいあるのよ。

そんな遊び心と愛情に支えられて、ワタクシたち俳優は皆さまの前に登場するのであります。

すべてに感謝ですなぁ。

明日もファイトですなぁ。

しかし、まだまだ……ヤバイことには変わりないんですなぁ(苦笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ヤベ、もう劇場!?

そうです。
時間は待ってはくれんのであります。
平等に時は過ぎ行くのであります。
苦痛な時間は長く感じるのがフツーですが、苦痛な上にめっちゃ速く過ぎ行く……ってもう切なくてないちゃうよ。

でもやっぱり劇場入りは楽しいのであります!

ワクワクと心臓が高鳴ります。
ん?ドキドキと鼓動が高鳴っておるだけか?

どっちでもいーや。

やる、だけです。精一杯。残された時間を。

写真なんぞ、撮ってる余裕はありませんでしたがね。すまんすまん。

皆さま、どうぞ見届けにいらしてくだされ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

稽古場修了……

地獄の日々が、とりあえず終わった……毎日毎日変わるセリフ、毎日毎日変わる順番、毎日毎日早朝バイト。

辛い。辛かった。マジで。

寝てないから声もでないし、身体はバキバキだし、脳もパンパン。

でも明日から劇場。やっぱり嬉しい。

眠いっ。眠すぎる。

だけどあと3日しかないからね。

このアタイたちのラストスパート、は、普通の人なら死亡だね。
何でできるかって?
気合い、だよっ。

ワッショイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ふあん

不安で不安でたまらない。

何だろう……

どうやって今までやってたんだろ?
どうして今までできてたんだろ?

わかんなくって焦るからますます不安から抜けられない……

自信……が、ないんだ。

えーんえーん(;_;)

明日で稽古場最後なのにぃ(;_;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

時間とも闘う

作品完成までの作業は延々と続いております。

時間と闘う。色々な意味で。

栃の灘などと戦う、土鍋釜などと戦う、グラナダなどと戦う?

面白早口言葉。

ワッショイ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

眠気に負けたら完全敗北

眠気に負けたら完全敗北
眠いっ!

うっかりすると寝てしまう。くらい眠いっ。

昨日もほとんど寝てない。今日も明日も明後日もほとんど寝られない。

でもね、やっぱりやらなきゃいけないのよ。色んなことを。
バイトもそうだし、稽古もそうだし、本番に向けての落とし込み、怠ってはいけないのよ。

沢山取材しました。
ほとんどの人が作品に登場しません。
辛いんだよ、きっていくのは。ホントに辛いんだよ。だけど作品を作るからには、ベストを模索しなければいけない。

アタシの強みは沢山の取材でアタシ自身が得たもの。得たハート。

それを抱える覚悟をもって、演じることがアタシの今の答え。
1からテープ起こしを読み直してみる。涙なくして読めないものも沢山ある。どうしたって顔がほころぶものもある。爆笑するものもある。

ありがたいです。

だからちゃんとやれてます。

眠い……眠い……けど、
寝ません。
まだまだ。

写真は衣装……たち。
こちらも今が正念場。

合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »