« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

東京マラソン2010

東京マラソン2010
今年は天気悪くて残念だったね。

ちょうど1年前に靖国通りで遭遇したすごい数のランナーたちと共に思い出す、
シアタートップス最後の文化祭。

あれから1年、かぁ……。
トップスはなくなってしまっても、
東京マラソンは今年も同じようにスタートした。
私たちは新しくスタートした。

そういうものなのだ、生きてるということは。

写真はトップスの楽屋外から見た風景。いろんなことを思いながら見ていた風景。でござる。

いつかは東京マラソンに出場する!……つもりは、今のところ全くござらん(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

自分の平熱を知ってますか

熱って「熱あるなぁ」って時しか計らないじゃんか。
小学校のプールの日には計ってた記憶があるけど、だいたいいつも36度半ばくらいだったと思うのね。
それでアタシはずっと平熱は36度半ばだと思っていたわけでござるよ。

だいたいアタシ発熱にも強くて、
7度前半なら微熱、
8度いったらけっこうあるなぁ、
7度きればもうオッケー。

「あたし平熱低いから、7度とか超ツライよ〜」
なんて聞くと「気の毒になぁ」って思ってたわけさ。
「アタシャ冷え症だけど平熱はそこそこだもんね」なんて一般女子にちょっと優越感もあったわけさ。

先日テレビで、平熱が低いとよくない、みたいな番組があって、アタシも何気なく体温を計ってみたの。

「5度3分?」

体温計壊れてるんじゃない?もう一度……

「5度3分。」

以来ことあるごとに計ってみるけど、やはり5度前半……。
初めて知ったよ、アタシの平熱はかなり低かった……。
よく考えてみりゃ子供は体温高いモノよね。そのまま大人になってるわけもないじゃんかねぇ。

だからどうってわけじゃないけど、なんか騙されてた気分。
「熱あるなぁ」の時は思ってたより激しい闘いをしていたのね、アタシのカラダ。
気づかなくてスマンかったよ。

あまり低いのもよくないみたいだから、少し平熱プラスを目指すかなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ぼんやりとカエル

鍼に行きました。

ココロ同様、ぼんやりしているカラダが、ちょっと悲鳴をあげてまする。
いくらなんでもぼんやりしすぎ、ってなくらい毎日毎日ぼんやりしてるので、調子が全くあがりませぬ。
よくないねぇ……。
と、またぼんやり考えて、結局1日が終わるのでござる。

鍼の帰り、でっかいカエルが道を横断してました。
ぼんやりなアタシの前をのそのそ横断とはいい度胸だ。
危うくひきそうになったよ。
いくらぼんやりでもさすがにちょっとビックリしたよ。

今日はすっかり春の雨、
カエルの出現は冬終幕の証かしらん。
いや……
まだまだ油断大敵、騙されまいぞ〜。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

マンダラぬり絵

マンダラぬり絵
マンダラぬり絵
ただ色をぬる。
何も考えず。
ただただ丁寧に色をぬる。
全く役にたたない作業。

だから、いい。
贅沢な時間の過ごし方。

春一番が吹いたそうな。

気づけばもう3月になろうとしてるのだもの。

やっぱり私、ボンヤリなのでござるなぁ(微笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

家でコーヒーを飲むということ

家でコーヒーを飲むということ
コーヒー大好き♪
いつもだいたい5〜10杯は飲むの。
いいえ、
飲んでいたの。
あったのよ、いつでも側にコーヒーが。
朝出勤してコーヒー、
休憩中コーヒー、
食後にコーヒー、
稽古場に着いてコーヒー、
お稽古が休憩になればコーヒー……。

だから家で飲むことはほとんどなかったのだけどね。

今は飲みたきゃ自分で入れて飲むしかないのね。久々にうちのコーヒーメーカー大活躍中。
な、失業中。

このコーヒーメーカーが、かつてのように寂し気に台所で息をひそめる日が、早く来てほしい!……わね(合掌)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

透明な床

バレエのお稽古にて。

素晴らしきかな、私のセンセー・やすよ嬢は、バレエの基本をイメージしやすい方法で教えてくれまする。
闇雲に
「太モモしめて!」とか
「爪先伸ばして!」とか
言いませぬ。

今日は椅子を持ち出し、
「ちょっとこの上に立って。」
「?」
「この上に立ってみるとさ、自分がライズアップする(引き上げて爪先で立つ)時、足の下にいっぱい空間があってさ、上に引き上げる意識の分、下に引っ張られる意識がいつも以上にわからない?」
「!」
「そういうイメージでアップすると、違うでしょ?」

確かに!
「上にも下にも引っ張る!」
ってただ言われるより断然わかりやすくて、だから身体が勝手に締めるとこ締めて、勝手に必要なとこが動き、勝手に伸びるとこが伸び、必要ないとこは緩む〜。

今ならわかる、
「首ながく!」
「横隔膜引き上げて!」
「足の指で地面を押す!」
勝手になってまする〜!

ひとつひとつの稽古が身になるキッカケ。
それをヒントに、あとは己でイメージするよろし!

「今3階にいますよ、下が透けてる透明な床ですよ、ここは。」
って勝手にイメージしてみた。

すごいわ!
人間の想像力!イメージの力!

なんとなんと身体は正直に、勝手に、バレエの基本をやり始める……。

自分のためになる稽古は、自分の意識を何に使うかで決まるのですなぁ。
ありがとうセンセー。
透明な床を手に入れた私。
ちぃさくだけど1段上がったよ。

……でも気にすべきことは山盛りですけん、他に注意がいくとあっという間に稽古場の床になっちゃうのよね〜。

道は長し!
そして発見は楽し!

アタシはダンサーじゃないけん、俳優じゃけん、バレエが上手くなりたいわけじゃあない。
まさに、
「こういう稽古」
に価値があるのじゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

カンベンしてよっ!

香水のニオイ!
吐き気する!

最近しょっちゅうなのだ!
劇場でたまらなくなることが!
座ってしまったら終演まで逃げられないってのに!
クサイ!
気持ち悪くなる!

劇場とか、レストランとか、最低限のマナーじゃろ〜!

香水がキライな人間もいるのじゃ〜(怒)!
ウォォ〜ガォォ〜(怒)!

と心で吠えながら、ダンスの公演を見てきました。
楽しかったけど辛かった(涙)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

キリふけ

キリふけ
鳥……

みたいな、

霧吹き♪

とある劇場の片隅でちょこんと並んでおりました。
劇場はめっちゃ乾燥するから霧吹き必須なのよね。
誰もが水の妖精と化して吹きまくるのね。

そして今、うちも劇場ばりでござる。
毎日家にいる→寒い部屋→暖房ガンガン→超・乾燥
良くないねぇ。

霧吹け!
吹け!
吹きまくれぇ〜!

でも洗濯物がよく乾く。から、まぁいいのか。
今ならシーツなどの大物もどんとこい!なのでござるV。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

よく降るね

雪……

って、昔は
「きゃあぁ♪」
とか
「わあい♪」
とかの対象だったのに、いつの間にか、
「う゛〜 ↓」
とか
「さいあくぅ〜↓」
とか言うようになってしまった。

そもそもアタシャ昔から寒さには強くなかったし、手足の冷たい子供だった。冬の全校朝礼なんてホント拷問だよねぇ。

根本的に寒さの集大成の雪もキライなのでしょう。

でも子供の頃は、雪が降って積もったりすれば、
「わぁい♪」
って思った記憶がありまする。
算数の授業が神社での雪合戦に変わったり、友達と雪だるま作ったり、とにかく雪が積もれば「非日常」が約束されていたからでしょうか。
寒い辛さよりも、いつもと違うステキさが勝っていたのでしょうな。

ところが今は
電車は止まる……が、仕事には行かねばならぬ。
地面は凍る……が、時間は守らねばならぬ。
って、
「非日常」を楽しんでる場合ではないわけで。

そうなると寒い辛さに迷惑が加算されて、ステキさはゼロにもなりますわ。

コレは東京に暮らす正しいオトナ(とくに寒いのが苦手なオトナ)の正しい意見でしょう?

オトナなのに
「きゃあぁ♪雪〜♪キレイ〜♪嬉しい〜♪」
とか言ってはしゃぐ女子には、
「可愛い娘ぶんじゃねぇ!」
とグーパンチを浴びせたくなるアタシは、ちょっと荒んでるのでしょうかのぉ。

雪は美しい。

それは真実。

今一番欲しいのは
雪が降っても積もっても、心からステキ♪って思える

余裕

なのかもしれませんなぁ(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

負けないで♪

負けないで♪
これ、オルゴールなの。
風車のところがまわるの。

(悔しいかな)閉店したバイト先から貰ってきたの。
可愛いでしょ(微笑)。

流れる曲は……
ザードの
♪負けないで♪………

新しいバイトが決まらないのよぉ。

全面的に不況なのよぉ。
公演の際にお休みするなんてワガママを受け入れて下さるところは難しいのよぉ。

でも本業は譲れない!
どうせ働くなら、やりたいことをやりたい!

そんなワガママもどこまで通用するのかしら?

♪負けないで、もう少し、最後まで……♪

くそぉ!
負けない!

切なくなりながらも、毎日バイト探し。
明日も頑張るわ。V。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

チョコレートの日

可愛げない!
と言われよーとも、甘いモノにとんと興味ないアタクシ。
チョコレート?ケーキ?流行りのスウィーツ?
全く興味なし……。むしろ苦手……。
故にバレンタインつーのはアタシにとって、年中行事の中でもかなり格下なイベントなのでござります。

類はなんとかと申しますよーに、お付き合いする殿方もアタクシ同様、甘いモノ興味なし!な人ばかりなので、なおさらイベント価値は低いのでござる。
チョコレートをあげたって喜ばないならばあげなくてよし!
まぁ可愛げはないですな(笑)。
それでも一応、社会生活していればお世話になっている方々には形だけでもチョコレートをあげてみたりはしますがね。

男子はそもそも女子ほどに甘いモノを所望しない傾向にあるのではないか?と思うが、何故にチョコレートを渡す習慣になったのでしょうなぁ。

きっと「チョコレート」が嬉しいんじゃなくて「もらう」のが嬉しいんだろうに、ならば、もっと嬉しがりそうなモノをあげたらよかろうに。
人気のイケメン芸能人などは、吐きそうなほどのチョコレートをもらって何思ふ……のだろう?
思いのこもった送りモノをムゲに処分もできまいに。
ひとくちずつでも食べてあげたい、と思いながら甘いモノ地獄の日々は辛かろう。
コレがせめて自分の好物だったら……と目に涙を浮かべたりしてるのではなかろうか?

でもニッポンの男子たちは改革を求めるわけでもなく、女子のためにチョコレートをもらい続けてきたわけで。

もしアタシがイケメン芸能人なら、メディアを通じて
「チョコレートじゃなくて、せんべいか、イカを!」
と、アピールするのになぁ。

しかしこんなデリカシーのないことを思うアタシは、イケメン芸能人だったとしてもきっと心配するほどモテないんでしょうから、ニッポンがこのままでも何の問題もありませぬ(苦笑)。

やはり女子は強し。
あげたいモノ=好きなモノ=甘いモノなら、それでよし!ですな。
まぁオンナながら、後輩や友人から手作りチョコレートをもらえば(あげる率よりもらう率の方が格段に高いのは問題かしら?)
やっぱり嬉しい♪わけだしね。(食べるのに時間かかるけどね)

ちなみに、
アタクシがホワイトデイのにもらって感動したのは、サラミやら生ハムやらの高級おつまみセット♪
わかってらっしゃる!
って、
やっぱ可愛げはないやねぇ(笑)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

死ぬのは私ではない

死ぬのは私ではない
記念すべき旗揚げ公演のチラシができたでござる!

一跡二跳の頃お世話になっていた古川タクさんのイラストよ♪

温故知新、ね。

できたてホヤホヤ、早速DM作業をしてきたわ。沢山の方に見ていただけますように。

個人のご案内はもう少し待っててね〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

古城隊長

ワンツーの基礎稽古ではね、肉練っつーのがあるのね。
腹筋やら背筋やら腕立てやら、いわゆる筋トレね。

肉練隊長がいるのね、基本的に。
私たちは肉練隊長の下、モリモリやるのね。

今日は隊長がお休みだったゆえ、古城隊長が登場!

イヤイヤ、若手の隊長は足元にもおよびませぬ、そのメニューは。
もちろん古城隊長も一緒にやるのよ。だから隊員は泣き言も言えないよね(苦笑)。

やりましたよ。
たっぷり。

あぁ、気持ちいぃ〜(ヤケクソ)。

この筋肉が作品に生かされますよーに。
合掌。

ま、ともかく、仕込みには確実に生かされまするな。
合掌。

あちこち痛い……(涙)。
だけど若者よ、一跡二跳時代に比べたら屁でもないのだよ、この程度は。思い知るよろし!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

殺人犯と哲学者

殺人犯と哲学者
『死と生きる 獄中哲学対話』

1995年12月、五反田でおきた強盗殺人。殺害犯・陸田真志は1998年6月死刑判決を受け、控訴。

その陸田真志氏と哲学者の池田晶子氏の往復書簡。

4月ワンツーワークス旗揚げ公演、古城十忍はこの事件とこの陸田真志氏を下敷きに新作を書くっつーからさ。
読んでみた。

完全に哲学……。

私には難しいと思うところもあったけど、中盤からなんだかわからないけど泣けてきて、
なんだかわからないけどもっと読みたくて、
なんだかわからないけどもっと知りたくて、
なんだかわからないけど涙が止まらなくなったのだ。

内容は事件のこととかじゃなくて哲学……なんだけどもさ、いつの間にかアタシャこの人間たちに興味と共感を持ったもよう。
哲学の中身はまだわからんだらけだけど、
生きて、死ぬ、語る、関わる……。

私はねぇ、池田晶子という哲学者がどんな人なのか、どんな思いで生きていたのか(残念ながらすでに他界されてまする)、想像を膨らませてしまいまする。

新作に池田晶子さんも登場しないかなぁ。やりたいなぁ。
新作、どんなになるんだろなぁ。

ちなみに陸田真志氏は2008年に死刑執行。

あとがきに池田氏が書いてまする↓
ひとりの人間の「考える」という行為の可能性を、共に信じていただけるなら、嬉しい。

うん。
可能性、ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

閻魔……

閻魔……
潮音寺でいただいた焼酎なのだがね、

閻魔、

って(微笑)。

お寺らしからぬ。

御利益あるんだかないんだか。
美味しいのだけどね。とっても。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

そろそろ本気で

仕事を探さないといけないねぇ。

働きたくないわけじゃないんだ、いやむしろ働きたいんだけどねぇ。

ぼんやりしてるとアタシャいつまでもぼんやりしちゃうからねぇ。

今は昔みたいに情報誌ってないんだねぇ。
ネットの時代なんだねぇ。

とつぶやきながら、今日はお芝居を見に行きましたよ。

明日も頑張りましょう〜。

あ、鬼追いの動画、見に来てくれた方がYouTubeにアップしてくれたわ♪ちょっと遠い画だけど『鬼追い 潮音寺』で検索して下さいまし♪

ちなみにワタシは白い衣装でござるよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

鬼追い2010

2月2日、午前10時、池袋に集合したワタクシたち、車3台体制で血気盛んに潮音寺にGOrvcar

荷物を置いて、とにかく着込めるだけ着込んで倍ぐらいに膨れ上がりつつも、さっそく場当たり。

なんせ野外パフォーマンスですから、稽古場ではイメージしながらの稽古だったわけで、実際の地面、ステージ、体感してみりゃ自分たちの小ささを思い知らされるのでござる。

Baatari

Keidai

舞台から見るとこんな感じ。

ひろーーーーい!!

とにかく立ち位置や、ルートを確認しつつ、修正しつつ、動き回り、旗を振り、叫び(?)、M・Jになり……。

「あちぃ!」

「動きにくい!」

と、いつの間にやらみんな少しずつスリムになってゆく……(笑)。

 

Sutehuwagon

 

ほい、こちらは小鬼どもが登場で乗るリアカー。

真っ赤にデコった「捨腐輪厳2010」。

くれあちゃんの愛車からその名をいただいたわ。

たいして見えやしないのに、車名をガムテープ゚で細かくつくったり、ビールの缶でマフラーつけたり、火の車じゃーとタイヤに花火をつけたり、芸術家のこだわりはキリがないのでござる。

仕上がりは

shineなかなかかっこいいじゃなぁ~いshine!」

夜は初めて本火のたいまつを使ってゲネプロ。

本番に向けてさらに士気を高めつつ……もちろん宴会よぉ!happy02 ビールと焼酎の差し入れもあるわ!lovely ビール番長はちゃんと夜のために外にだして冷やしておいたわ!beer                                                               

Youichibd_2

Enkai_2

5年連続全出場のダンサー陽一のお誕生日よぉ。

彼は毎年こうしてお祝いしてもらえるのね。おめでとうbirthday

 

でも、本番前日のアタシたち、ただ飲んでるだけじゃないのでござるよ。

鬼の女子たちは爆発頭を作るために細かく細かくミツアミ。あら、女子の中にちょっとごつい子がいるわね、マサコちゃん(苦笑)。

Mituami_2

Kooni1

 

これが  

こうなる 

 

さき、みさき、きむに、

ステキheart02

そしていよいよ本番。

sun昼の部は上々の天気だったけど、松明の火で芝が燃え始め、危うく火の海に……。お寺の方が消火活動に来る……。

あら?

まだキッカケじゃないのにもう「捨腐輪厳2010」登場?dash

「あれ?俺がキッカケまちがえてる??」

「マット、待って、止まって!」

「花火の火が、まだ……」

「いつもと違う気がするけど、私、緊張してるのかしら?」

「マット、まだだ……まだなんだよ……」

みんなの心の声は出番前に暴走を始めたマットと捨腐輪厳2010には届かず……。

本人が異変に気づいたのはだいぶたってからだったそうでcryingshock

またひとつ、伝説が増えたのでござるな。

マット、きっと永遠に佐川氏に言われ続けるよ、覚悟するよろしconfident

Oooni_2 Nikkouto_3

どーんthunder大鬼!

 ジュンペイ……かな?

日光菩薩様shineのクワ

ホントは面がつきまする。

美しい天女たちlovely

みかちゃん・くれあちゃん・ともちゃん

3tennyo

moon3夜の部は上々の大雪……。

やるのか?できるのか?お客様は大丈夫なのか?この寒さと雪の中見てくれるのか?

佐川氏は一言、

「お客さんがひとりでもいるならやる!」

副住職は一言、

「これも修行だと思って。」

私は心の中で一言、

「……凍死、します……。」

決行が決まった。

正直言って、降りしきる雪よりも積もった雪が心配で、滑って転んで大怪我なんてなったら……段取りもぐちゃぐちゃのパフォーマンスになるのでは……寒さに体が動くのか……お客さんは耐えられるのか……と、本番前の緊張ではなくて、なんだかジェットコースターに乗る前みたいな緊張感でスタートしたのでござる。

が!

出てみれば、傘をさし、合羽を着、見守ってくれるお客様!

いつも以上に冷静に、しかし情熱的に踊り狂うメンバーたち!

まさに冷静と情熱を体得した、そして見ていただけることへの感謝と愛を実感した、最高のパフォーマンスでござった。

たくさんのねぎらいの言葉、また来年も見たいとの言葉、寒さも吹っ飛ぶ嬉しい瞬間。

凍死もしなくてよかったよかった。

AironcleaDaichan

 新しい伝説を作った

   鬼追い2010。

みんなが宴会してる中……

一生懸命アイロンをかけてくれたくれあちゃん、必死にディレクションを考えていた大ちゃん。

ありがとう。

参加できてよかったよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

潮音寺

潮音寺
潮音寺本堂。
美しい……。

飲み明かした一夜あけて、ろくろく寝てないワタクシですが、ここはお寺。朝7時からこの本堂にて読経。お説法。
諸々の片付け、お掃除、発つ鳥後を濁さす、でごさる。

3日間、ご奉仕させていただいて、大変だったけどめっちゃ楽しかった♪
お寺の持つ、荘厳で、広く、暖かく、優しく、厳しい空気っていいですなぁ。
来年も行けたらいいなぁ。

午後には潮来から無事帰ってきました〜。

帰りの車の中では、しりとり歌合戦が繰り広げられ、疲労睡眠不足もどこへやら、ガンガン盛り上がったわ♪
共に修行(?)した仲間と名残を惜しみつつラーメンを食べ、それぞれの日常に戻って行ったのでござる……。

で、さっそく夜はワンツーのお稽古。
ヘバヘバだよぉ(苦笑)。
修行はキリがないでごさるな。

ごーーん……。

合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

修行?

修行?
修行?
夜の部、終了〜。

夕方から降り始めた雪が積もりゆく中、
決行!

アタシらも大変だったけどもさ、見て下さった方も大変でござった……。
合羽着たり傘さしたり、もンのすごぉく寒くて、ホント、全員お疲れさまよ(涙)。

お風呂でちぎれそうなカラダを温め、これから打ち上げでござる♪

鬼追いレポートはまた後日ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

束の間

束の間
束の間
昼の部、終了〜。
寒い中、沢山の方が見に来て下さいました〜。

今は束の間の静けさ。

夜の部に備えて休憩中なり〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

出発!

出発!
集合場所でカメラを向ければ頼みもしないのにポーズをとる面々。

行ってきまーす!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

冷静と情熱のあいだ

冷静と情熱のあいだ
冷静と情熱のあいだ
鬼追い最後のお稽古は昼からみっちりやったぜ!

天女仲間のともちゃん。
美しい〜!

鬼が鬼の世話をする……(笑)

4回の通し稽古、さすがにバテたけどもさ。
無料の野外パフォーマンスなのにこの仕上がり!
イケてる!!

「潮音寺だけじゃなくて色んなとこでやりたいよぉ、もったいないじゃないかぁ!うぉ〜!」と熱に浮かされる私たち。
「……でも節分は1年に1日しかないから無理……」
演出構成・佐川氏は冷静でござった。

……確かにおっしゃる通りね。節分の鬼追いだもん。節分にやらないと意味ないもんねぇ。

ならば、
潮音寺〜!全てをぶつけてやるわっ!ガォォ!

熱い思いを持て余し稽古場を出た私たちの目に飛び込んだのは、

……雪……。
けっこう積もってますが……。

明日出発ですけん、
とにかく転ばない!
ケガしない!
ダイヤの乱れに気をつけろ!

そうそう。
冷静な対処、熱い情熱は胸に。
だよね(微笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »